車検の費用は高額になる場合も

車検がちかづくと、今回はいくら掛かるのか?と費用が気になりますよね。特に年数が経っている車はです。新車から年数が経っていないと車検金額も自分が予想していた通りのものにちかいでしょうが、これが年数が経っていると、
「えっちょっと高すぎる」
と驚くような見積もりが出てきてしまうのです。実際、私がそうでした。合計で27万円。おいおいっていう感じでしたが、ローンを組んで車検をとおすことにしました。車検の費用というのは法定費用以外にも掛かるときはたくさん掛かるものだなと痛感しました。

私がいつも利用しているのは

車検のネット予約ですと電話をかけて色々話すのが面倒という方には、パソコン画面で記入して予約ができるので便利だと思います。私もいつも下記の会社を利用しています。私が申し込んだ時のことをこのページで紹介しています。

公的費用

車検にかかる公的な費用

軽自動車

自賠責保険 26,370円
重量税 6,600円
印紙代 1,100円
リサイクル料金 車種によって料金が違います
車検料等 お店・車の程度によって違います

小型車(〜1,000kg)

自賠責保険 27,840円
重量税 16,400円
印紙代 1,100円
リサイクル料金 車種によって料金が違います
車検料等 お店・車の程度によって違います

中型車(1,001〜1,500kg)

自賠責保険 27,840円
重量税 24,600円
印紙代 1,100円
リサイクル料金 車種によって料金が違います
車検料等 お店・車の程度によって違います

大型車(1,501〜2,000kg)

自賠責保険 27,840円
重量税 32,800円
印紙代 1,100円
リサイクル料金 車種によって料金が違います
車検料等 お店・車の程度によって違います

注:リサイクル料金は、同じ車の場合、一回払えばその後は払う必要はありません。車を処分しない限り、車の売却などによって手放す場合には、払ったリサイクル料金は返ってきます。

費用の準備は必要

車検は、車を所有していればかならずくるものです。しかし年数が経つと車検時に車の状態に問題がないということはあまりないでしょう。どこかしか直すところが発見されます。それがプラスアルファとして思わぬ出費となるのです。思わぬ出費の分をあらかじめ用意しておくと車検時に掛かる費用の負担が気持ち的に楽になるでしょう。

法定費用分を用意しておくという方法もあるでしょう。2年に1回車検がくるとしたら、24ヶ月。毎月、2千円ずつ貯めていけば4万8千円。だいたい法定費用分くらいにはなるでしょう。

事前にパーツなどの交換をする

例えばブレーキパッド。今度の車検でブレーキパッドの交換をするだろうなと予測がつくのでしたら、数ヶ月前に交換をしとくという方法もあります。車検時に一気の出費ではなく分散して出費ができるというメリットがあります。一気の出費というのは短期的にみれば結構負担が大きいものです。自分の場合は、事前にタイミングベルトの交換をしました。






車検について